高校受験での英語、長文対策

中学3年生になると、過去問を解いたりして志望校を狙います。慣れてくると、そして一定の学力がある子だと、英語は対話文や長文の場合、日本語訳を読めばそれで解説を必要とせず自力で解いていくことができます。ただ、当たり前ですが問題は英語で書いてあるため、日本語に訳せばわかるというのは何の解決にもなっていないということです。

つまり、このような子は英語の読解力がまだまだついていません。母国語に直せば理解できるということは、国語の能力はあるということです。ならば、英語の文法を一から勉強しなおす必要があります。

長文ではどの文法が出てくるかわからないため、急に苦手になる子も多いです。定期テストでは現在完了が出るとわかっているからわかる、という子は多く、範囲が指定されず、文法がごちゃ混ぜになった途端、点数がダダ下がりになることも。

このような場合、長文を読みまくるより、文法を整理することに力を入れる方が英会話の勉強のためにも解決に向かっていると思います。